So-net無料ブログ作成
MAURICE LACROIX(モーリス・ラクロ ブログトップ

MAURICE LACROIX(モーリス・ラクロア ) マスターピース 5ハンズ 裏スケルトン [MAURICE LACROIX(モーリス・ラクロ]

すべてのデザインと開発を自社工房内で行った初の自社製クロノグラフムーブメントML 106を2006年に発表したことで、マニュファクチュールブランドとしての地位を確立したMAURICE LACROIX(モーリス・ラクロア )


その原点は1961年にデスコ・ド・シュルテスがスイスのセイネレジェに設立した時計工房から。


1975年に「モーリス・ラクロア」として最初のモデルの販売を開始され、80年代、90年代には販売網の拡充と、生産能力の向上に努めた。  


2006年末以降モーリス・ラクロアは、ジュラ地方のモンフォーコンに最新鋭の工房を構え、複数のスイス時計部品メーカーによる組織を形成することで複雑なムーブメント用の部品の製作と複雑時計の生産、そして製造量の向上を図っている。


こうした動きと、同社のブランドアイデンティティである「パワー」、「プライド」、「情熱」のバランスに支えられ、ここ数年でモーリス・ラクロアは一挙にマニュファクチュール ブランドへと進化を遂げている。  


2008年には機械式時計初の記憶機能付き新型グランドコンプリケーション「メモワール1」、レトログラードの技術が冴える「マスターピース・カランドリエ レトログラード」、細部の見直しを図り正統進化した「ポントス」の発表で、注目モデルが目白押しである。


今回のご紹介はかっての人気モデルで最近復刻を遂げた5ハンズ


その時計はこちら。


600x450-2012021200002.jpg


5ハンズは時、分、秒、日付、曜日と毎日の生活に必要な全ての情報を5本の針で表現すると言うとてもユニークな多機能モデル


600x450-2012021200003.jpg


裏はスケルトン。


600x450-2012021200001.jpg


お値段は、
MAURICE LACROIX(モーリス・ラクロア ) マスターピース 5ハンズ 裏スケルトン



多機能をリーズナブルな適正価格に!と言う原点回帰に路線変更したMAURICE LACROIX(モーリス・ラクロア )のこれこそが象徴的なモデル。


いぶし銀のような時計です。














nice!(1)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング
MAURICE LACROIX(モーリス・ラクロ ブログトップ