So-net無料ブログ作成
検索選択
RADO (ラドー ) ブログトップ

RADO (ラドー)  セラミカ  クロノグラフ  世界限定7/10本 [RADO (ラドー )]

実を言うとこのRADO ラドー と言うブランドには苦くて懐かしい思い出がございます。



私は多分その当時中学生ぐらいだった・・・のですが、何の抽選だったのか忘れてしまったが、「ラドー・テクノス・ウォルサム人気コンテスト」と、いう公開抽選がありまして、母に頼んで官製ハガキを買って貰い応募した記憶がございます。



理由は「父に良い時計をプレゼントしたかったから・・・・!!」です。



官製ハガキを10枚も母に買っていただいたのに・・・。
結果は無論、推して知るべし。(苦笑)



幼心に「ラドー・テクノス・ウォルサムの腕時計など生涯買ってやるか!!」と、憎しみにも似た感情が芽生えただけのことでした。


以来、私は本当にラドー・テクノス・ウォルサムの腕時計には関心度ゼロ



買う以前に見も致しませんでした。(笑)



この年になるまでまるで地雷を避けるかの様にこれらのブランドを避けていましたし、興味もゼロでした。(笑)



ですが、最近興味を持っていろいろなブランドを知るにつけ改めてRADO (ラドー )のことも知りました。



RADO (ラドー )はスイスのベルン・レングナウに本社を置く腕時計メーカーだそうです。


傷のつかない超硬材料を使用することで知られ、超硬タイプ腕時計の先鞭でもあるそうでございます。
年間約50万個の腕時計を生産しており、約300人の社員がいるとのこと。


超硬メタルやセラミックスなど、革新的な素材を積極的に取り入れ、洗練されたフォルムに仕上げた個性的な時計を創造するブランドらしい。


展開するモデルの多くは、流れるようなラインで巧みに構成されたスタイリッシュな作風を特徴としているが、1917年の創業から実に90年以上の歴史を持つ会社であり、スイス国内はもとより世界市場で幅広くその名を認知されている。



スイス・レングナウにスイス人のシュラップ三兄弟によって創設された当時は、シュラップ・アンド・カンパニーという社名でムーブメント製造を中心とした事業を展開し、主にアメリカ市場に輸出を行なっていた。



ムーブメント会社からウォッチメーカーへと転身する契機となったのは、1947年のこと。
経済学者ポール・ルーテー博士が経営陣に招かれ、彼の指揮のもと新しい経営戦略として自社オリジナルブランドをスタートさせたのが始まりであった。



そして1956年、ブランドの第一号機「イグザクト」を発表したのちに、社名をRADO (ラドー )と改めた。



早い段階から頑強な硬度をもつ新素材を、ウォッチメイキングに取り入れることに高い意欲を示してきたラドー。



自社ブランドスタートしてから5年目にあたる、1962年に「スクラッチプルーフ(=傷がつきにくい)」という超硬メタルケースを開発したことで、遂にその志を結実させる。
このケースは同年発表の「ダイヤスター」に採用され、業界内の耳目を大いに集めた。


その後も、世界で初めてセラミックスを腕時計のブレス部分に採用した「インテグラル」や、さらにケースまでもセラミックスで成型した「セラミカ」の発表など、ラドーの快進撃は続くのである。



今回のご紹介はその「セラミカ」
しかも世界限定10本のうちの7本目。



写真をご覧あれ。


600x450-2009061700004.jpg

600x524-2009061700006.jpg


近未来的なデザインです。


600x449-2009061700005.jpg


創業50周年の記念に限定で発表された『セラミカ』クロノグラフで、漆黒の美しさとしなやかさを体現しています。



素材はセラミクスです。



参考定価735000円 がここならおいくらになるのでしょうか?
RADO (ラドー)  セラミカ  クロノグラフ  世界限定7/10本



なるほど、なるほど。



これぐらいはして当然です。
世界限定10本の時計の一つですから。



近年では、ダイヤモンドと同等の硬度をもつハイテクダイヤモンドコーティングケースの「V10K」というモデルを2005年に発表したことが記憶に新しい。



2008年のバーゼルワールドにて発表された最新ピースは、ディティールチェンジを繰り返しながら、45年以上のロングヒットを打ち出す「ダイヤスター」シリーズの血統を継ぐ「ジ・オリジナル」より、文字盤がスケルトン仕様になったモデルや、世界初ゴールドカラーセラミックを採用したモデルなど、新素材ウォッチの先駆けであるラドーのアイデンティティを、色濃く反映したモデルが揃った。



中学生だった私はセイコーとシチズンしか知らなくて、舶来時計ブランドを知ったのがラドー・テクノス・ウォルサムでした。



アレから40年以上の歳月が流れています。



私の忌まわしき記憶も既に時効。(苦笑)



この時計を見て、RADO (ラドー )ってなかなかのブランドじゃない?とも思いました。



既に父は他界していますが、あの当時父のために舶来の腕時計を当ててあげたかった・・・・・・・・・・!!


歴史にifはタブーなのかもしれませんが、あの時もしも私がRADO (ラドー)を父のために当てていたなら、
完璧に信者になっていたかも?



良い想い出は生涯続きます。



悪しき想い出も生涯続きます。




想い出って、こわいですね~!!!??

























nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング
RADO (ラドー ) ブログトップ