So-net無料ブログ作成
検索選択
IWC ブログトップ

ダイバーズウォッチ新時代を予感させるIWCのアクアタイマー オートマティック 2000 [IWC]

2014年にモデルチェンジされたばかりのIWCのアクアタイマーがこちらです。



iwc264_im.jpg



一見すると、ごく普通の時計にも見えます。^^;



過去のモデルチェンジではアウターとインナーべゼルの切り替えを行ってきたIWCがたどり着いたのは、
両方のメリットを併せ持つべゼルの開発だった。



水中では酸素ボンベの残量を確認するためのべゼルは必要不可欠なのですが、アウターべゼルの場合はずれることもたまにあるんです。



それを見事に解消したのがこちらなんです。



iwc264.jpg



この見た目の派手さがないのがIWCの魅力です。



iwc264-1.jpg



逆回転べゼルと同様の役割を果たすインナーべゼルは画期的で、デザインも精悍さがUPした。



自動巻きで、防水性能はなんと2000メートル



そこいらの腕時計とは格の違いを見せ付けています。



詳しくはこちらを参照してください。
【新品】【IWC】【アクアタイマー オートマティック 2000】【腕時計】【メンズ】【送料無料】IW...



IWCが作るダイバーズウォッチは改めて、さすがだなと頷きました。



防水性能もさることながら、独自の機能がやはりIWCらしい。



分る方には分るIWC・・・・恐るべし!!














IWC アクアタイマー クロノグラフ  クストーダイバー  限定品 [IWC]

またしてもIWCの時計のご紹介です。



今回の時計はあの海洋学者ジャック・イヴ・クストーの偉業をたたえる特別モデルであるクストーダイバーです。



600x593-2011070600135.jpg



いいですね~!


2007年に世界限定2500本のみ販売されたモデル。



500x500-2011071400001.jpg



右下のクロノグラフリセットボタンは、竜頭のように回すことができ、オレンジ色のインナー回転ベゼルが回転します。




無題.png





◆参考定価:¥729,750-がココならおいくらなのでしょう?
IWC アクアタイマー クロノグラフ  クストーダイバー  限定品




私はアウトドアが大好きなので、海洋学者ジャック・イヴ・クストーのドキュメント番組をテレビでよく見ていました。



懐かしいです。



この腕時計、リミテッドエディションなので欲しい!!













『IWC』のアクアタイマーは渋すぎる!? [IWC]

久々のIWCの時計のご紹介。



以前書いた記事にその沿革などを書いているので、こちらを参考にしてください。
http://watch-mens.blog.so-net.ne.jp/archive/c2302698353-1



実は私が勤める会社の代取(社長)がIWCの時計にゾッコン!!



理由は・・・・・・・・・・・・・・、知りません!!
知りたくもないが。



かなりの時計通ですから、IWCの時計の中でもかなり高価な時計をされています。



でも、私はそんなことはあまり・・・・、興味はございません。



どうでも、よろしい。



私が今回ご紹介するのはこちらです。



574x600-2012092800001.jpg



耐磁性や耐加重性にこだわった究極の航空時計や、超耐磁性時計、水深2000mに挑んだスーパーダイバーウオッチなど、革新的な機構に挑戦し続ける、スイスの名門ブランド「インターナショナル・ウオッチ・カンパニー」のアクアタイマー クロノグラフ・自動巻・メンズサイズです。




586x600-2012092800002.jpg



圧倒的な存在感と視認性を誇り、デイデイト表示・クロノグラフを搭載した気品溢れるデザインが魅力的な最高品質のこちらのお品物。

デザイン面・機能面共に非常に優れた、超一流老舗ブランドならではの高い技術・ノウハウが随所に発揮されているの最高級の逸品です。



600x400-2012092800003.jpg



裏がシースルーになっていないのが、気がかり?



お値段は、
『IWC』アクアタイマーは渋すぎる!?




最終的にはこのようなお値段で終わるはずもございません。



IWC・・・・??



渋いね~!?


セレブの方はご存知かもしれませんが、庶民が知る時計?あるいは知っていてもまず買わない時計です。



この時計を選べる方は、それだけでかなりマニアックかも?



今まであまり記事にしなかったのは、勤務先の代取のせいと思っておくんなさいマシ。








IWC メカニカル フリーガー クロノグラフ 正規極上品 [IWC]

IWCは1868年の創業以来、シャフハウゼンで時計作りの高度な技術を誠実に実践してきました。
またIWCのその努力は今日も続いています。

IWCデザインと技術において産業界の最先端にありながら、同時にクラシックで永遠に残る製品をつくることを追求し、数々の輝かしい成功を収めています。

時計づくりの歴史において、IWCは、新しい懐中時計および腕時計の開発に、「プローブス スカフージア -シャフハウゼンで作られたすべての時計に記されるIWCの証」と呼ばれるモットーに示されるIWCの哲学は、1868年の創立から現在まで変わることなく受け継がれてきました。


その結果生れた数多くのイノベーションは、未来への進歩の証なのです。


IWCとは、インターナショナル・ウォッチ・カンパニーの略語です。


私がおススメするのはこの時計。


600x600-2012022200004.jpg


実にシンプルそのもの。



600x600-2012022200005.jpg


何の変哲もないところが気品をうかがわせます。


300x600-2012022200006.jpg


ですが、IWCのロゴが入っているだけで違います!!


何故だかわからないのですが、違います!!



1万円以下のタイメックスにも見えるといえば、見えるかもしれません。(苦笑)



お値段は、
IWC メカニカル フリーガー クロノグラフ 正規極上品



わかるヤツにはわかる水戸黄門の印籠のような腕時計でございます。



当時定価46万2000円ですが、お安く買えます。



流行に流されず、機能性、実用性を重視した独自の路線を貫く、
IWCの各シリーズの中でも、特に人気の高いパイロットウォッチのひとつ、
メカニカル フリーガー クロノグラフです。
クラシカルデ飽きのこないデザインの中にも、
IWC独特のこだわりを感じさせる逸品です。

残念ながらすでに生産終了となり、現在では、中古市場でも流通量は少なく、
入手の難しい状況です。


IWCの生産終了人気モデル、良いかもしれません!





nice!(0)  トラックバック(0) 
IWC ブログトップ